酸性土壌改良

モデル:Calcium Regenerate
カルシウム酸性土壌改良法

適用:pH6以下の土壌

特性:白色粉末
お使いの方法:スプレッド

標準仕様:20kg /袋

指定包装交渉可能

認証:ISO 9001、肥料証明書登録番号0799017の
お問い合わせに追加
特徴

世界をリードする土壌改良剤サプライヤーの中で、Diamond Nano-Biochemは、最高の酸性土壌改良剤とカルシウム土壌改良剤を提供することを約束します。

  • DiaAgri-Calcium Regenerateは、台湾の花蓮の高純度石灰石から供給され、1,200°Cで焼成され、水と反応して不純物を除去し、高品質の水酸化カルシウム(消石灰)を形成します。
  • カキ殻、石灰石粉末、シリカスラグ、ドロマイト粉末を原料とする他のブランドと比較して、生石灰よりもカルシウム再生中和能力が優れており、安全に使用できます。さらに、重金属残留物のリスクは低いです。
  • この製品の細かさと高アルカリ性により、酸性土壌を迅速に中性に調整し、土壌中の有機物の分解を促進し、肥料を吸収する植物の効果を高め、植物病原体の数を減らすことができますと土壌中の害虫。土壌中の有益な微生物の数が増加し、土壌の肥沃度を改善し、作物の果実の色、もろさ、および重量を増やすことができます。

コンテンツ
アルカリ度(CaOとして):56%

最高の土壌改良剤サプライヤーの1つとして、Diamond Nano-Biochemは、高品質の酸性土壌改良剤とカルシウム土壌改良剤を提供することに専念しています。

適用方法

植える前に、40-100 kg / 1,000m2の土壌に混ぜます。植え付け期間中は20〜40 kg / 1,000m2。


1.堆肥または窒素肥料を使用する1〜2週間前に、推奨される使用法に従ってカルシウム再生を土壌に均一に散布します。


2.カルシウム再生が散らばったら、すぐに土と混ぜ合わせます。


3.カルシウム再生を1〜2週間使用した後、堆肥または窒素肥料を使用します。


4.堆肥または窒素肥料を土壌に1〜2週間混合した後、播種または植え付けを行うことができます。


さまざまな作物に適した土壌pH

pH値6.5-7.0

  • その他の穀物と特別な作物:サツマイモ、ピーナッツ
  • 野菜:エンドウ豆、ほうれん草、タマネギ、チンゲン菜、タケノコ、カリフラワー
  • 果物:ブドウ、ゴレンシ、スターフルーツ、インドナツメ、リンゴ
  • 花:トルコギキョウ、スイートピー

pH値6.0-6.5

  • その他の穀物と特殊作物:大麦、小麦、小豆、小豆、大豆、トウモロコシ、トウモロコシ、ジャガイモ
  • 野菜:アスパラガス、タマネギ、レタス、ひも豆、インゲン、きゅうり、スイカ、トマト、ナス、ブリンジャル、ピーマン
  • 果物:ピーチ、ライチ、バナナ、マンゴー、リュウガン
  • 花:バラ、カーネーション、菊

pH値5.5-6.0

  • その他の穀物と特殊作物:米、サトウキビ
  • 野菜:キャベツ、イチゴ、大根、にんじん、水竹
  • 果物:プラム、柿、梨、タンジェリン、パイナップル
  • 花:ツツジ、ユリ、レインボーピンク、チャイナピンク、ダイアンサス

注意:

  • 使用前は手袋、エプロン、マスク、保護フェイスシールドを着用し、使用後はすぐにすすいでください。
  • 固まりを避けるために湿気のある場所に保管することは避けてください。
  • カルシウム再生を使用した後、植物の根系への損傷を避けるために、窒素肥料を適用する前に1〜2週間待ってください。






商品のお問い合わせ