最新ニュース

最新ニュース

ISO 9001:2015
2023/02/21

2023年ISO9001更新

入る
ダイヤモンド・クォンタムは、ESG持続可能な経営を共同で推進するために、ヴェールド・インコーポレーションが主催する国際生物多様性デーイベントに参加しました。
2024/05/24

2024年5月22日、台中市神岡 - 気候変動と地球温暖化が深刻化する中、ESG(環境、社会、企業統治)の持続可能な経営を実践することは、企業にとって避けられない責任となっています。DIAMOND QUANTUMはこの責任を深く理解し、パートナーであるVEELED INCORPORATIONが2024年5月22日に台中市神岡で開催した「国際生物多様性の日植樹イベントおよび実験基地除幕式」に積極的に参加しました。

入る
ダイヤアグリ肥料を用いたイチゴ作物の統合的病害虫管理(ipm)
2024/03/28

ディア・アグリのチームが高雄市阿連のフレッシュイチゴ園を訪れたとき、イチゴ炭疽病という深刻な問題に遭遇しました。この真菌感染症は数か月の潜伏期間を持ち、一度感染すると最大 70% の作物損失を引き起こす可能性があります。炭疽病を制御するには、病気の植物を頻繁に除去し、大量の農薬を使用する必要があり、環境と農家の健康の両方に悪影響を及ぼします。

入る
ダイヤモンド カンタムは、ISO 14064-1 温室効果ガス インベントリの第三者検証を通じて、炭素削減の持続可能性の道を前進し続けます。
2024/03/21

ダイヤモンド・クアンタムは、国際的な炭素削減の流れに対応し、政府の二酸化炭素排出実質ゼロ目標を遵守するため、2019年から積極的に温室効果ガスインベントリを実施しています。この取り組みは、自社施設からの温室効果ガス排出量を把握し、インベントリ結果を活用することを目的としています。二酸化炭素削減対策を実施する。たとえば、スマート製造を採用し、エネルギー使用量をデジタルで監視し、古い機器をエネルギー効率の高いセンサー付きの照明器具に段階的に置き換え、炭素削減を通常の業務に統合して、企業の持続可能な発展への移行を加速します。

入る
ダイアグリ肥料を使用したパッションフルーツ作物の統合的病害虫管理 (ipm)
2024/03/18

最近、ディア・アグリチームは屏東県高樹鎮にあるパッションフルーツ果樹園を訪問しました。彼らは、ナノカルシウムシリコン肥料と枯草菌 151B1 液体肥料を利用した、無毒の栽培方法を採用しました。この管理アプローチにより、パッション フルーツ植物の堅実な成長、豊富な果実収量、劇的な温度変化に耐えることができる丈夫な茎が実現し、早期の果実の落下を防ぎました。さらに、弾力のある果実の皮は炭疽病の感染を防ぎ、パッションフルーツ栽培における環境に優しい材料の使用を実証しています。

入る
ダイヤモンド量子バイオテック株式会社のティーツリー栽培への応用成果発表会
2024/02/26

ダイヤモンドクオンタムは設立以来、「農の食の安全と健康」を堅持し、農業生産を技術的にサポートし、企業の社会的責任を果たしてまいりました。今回の国立中興大学との共同研究では、微生物の共同開発とナノテクノロジーの応用により、ナノカルシウムケイ素肥料の開発に成功し、現在ティーツリーの栽培管理に応用されている。

入る
おめでとう!! 151b1株のダイヤモンド量子への技術移転の研究開発チームが国家イノベーション賞を受賞
2024/01/12

第 20 回国家イノベーション賞は、国立中興大学植物病理学教室と農業技術研究院で構成される共同チームに授与され、桿菌芽胞形成細菌の多様な応用に対する顕著な貢献が認められます。研究チームは、植物や動物の健康、生態系の回復、炭素削減、グリーンサイクルに実際に応用できる、多用途株である枯草菌 151B1 の特定に成功しました。

入る
ダイヤモンド量子ナノテクノロジーで植物界の「健康食品」を開発
2023/12/14

Diamond Quantum は、有機および微生物技術の変革、ならびにスマート製造および農業技術への投資に取り組んでいます。林岳恵氏が提唱するのは、実は「農薬半減を促進する合理的施肥」だ。 Diamond Quantum はこのコンセプトに従って、自社製品を開発し、輸出販売し、海外の顧客に OEM サービスを提供します。主な貿易国には、日本、中国、フィリピン、マレーシアが含まれます。現在、肥料のOEMから少量の農産物の輸出入まで、主な協力・交流は日本で行われています。 Lin Yuehyi は、企業の多様な可能性を拡大することに尽力してきました。同時に、Diamond Quantum は製品プロセス技術の改善を継続し、排出削減と持続可能な開発を促進し、環境サプライチェーンにおける同社の革新的な活力と国際的な知名度を維持したいと考えています。

入る
両岸農業博覧会:革新的な融合、拡大する協力 2023-11-29
2023/12/11

台湾企業を代表して、台湾のダイヤモンド量子生物技術有限公司は台湾大学農業技術(吉林省)有限公司と提携しました。太茂は台湾企業の代表として、台湾で開発されたハイテク製品を積極的に宣伝しました。ナノスケールのカルシウムシリコン肥料、液体有機肥料、土壌改良剤などを本土市場に投入します。これらの製品は、土壌の酸性化や耕地における微量元素不足などの問題に効果的に対処し、同時に農産物の量と質の両方を向上させます。彼らの取り組みは、無毒で環境に優しい農業環境を促進することにあります。

入る
台中市低炭素持続可能な都市貢献表彰式および成果発表イベント 2023-11-06
2023/11/16

本日、第5回台中市低炭素持続可能都市優秀貢献賞及び功績発表会が台中市庁舎で開催されました。黄崇典市長官が賞を授与し、ダイヤモンド量子生物技術有限公司の副総経理、林岳儀氏を表彰した。14の組織や個人が、持続可能なネットゼロ都市の構築に向けた取り組みを評価して受賞者を表彰した。

入る
ダイヤモンド量子バイオテクノロジー株式会社の林東武会長鄭正峰名誉教授と海峡両岸の農業協力を深めるため江蘇省を訪問
2023/11/17

今回の江蘇訪問は、台湾と江蘇の農業企業との協力を強化しただけでなく、両岸の農業技術交流の新たな機会を切り開いた。今後もダイヤモンドグループは革新的な技術の研究開発に専念し、海峡を越えた農業の共通発展を推進してまいります。

入る