貿易部

クロスドメイン協力部

クロスドメイン協力部門は、輸出入、マーケティング、国際貿易相談など、市場開発と国際貿易に焦点を当てています。

2016年以来、Diamondは、政府入札、企業統合計画、国際製品検索、顧客のニーズに応じた国際貿易の輸出入調達などのマーケティング戦略コンサルティングを通じて、マーケティングビジネスの開発を開始しました。ダイヤモンドは、顧客にワンストップサービスを提供するために成熟した食品サプライチェーンを開発しました。

ダイヤモンドクロスドメイン協力無限三角形



マーケティングの統合:私たちは長年のマーケティング経験を持つ専門家チームであり、コンサルティングサービスを通じてマーケティングの包括的なソリューションを顧客に提供することに優れています。お客様のニーズに耳を傾け、チャネル戦略を正確に策定し、市場価値と利点を見つけて、効果を最大化します。私たちは、お客様が市場競争力を高め、ブランド管理を実施して持続可能な事業を実現するのを支援します。さらに、輸入、生産から倉庫の輸送および流通に至るまで、食品業界の顧客向けの食品サプライチェーンの計画を支援し、カスタマイズされた食品サプライチェーンシステムを設計します。

ダイヤモンドの過去の事例

国際貿易:ダイヤモンドは、日本と台湾の食品、農産物、水産物の輸出入を専門としています。日本の商社とのコラボレーションも数多く行われています。調味料、ホタテ、塩漬けの近畿魚、和牛、とうもろこしの実など。台湾の商品は、PXマート、カルフール、その他の主要レストランなどに配布されます。一方、レタス、キャベツ、サツマイモボール、ポテトチップスなどの台湾製品を国際市場に宣伝します。また、特定のニーズを持つ顧客の国境を越えた製品検索を支援します。

ダイヤモンド貿易代表商品